* 本セミナーは開催済みです。再開催のご要望があれば、お知らせください。

        再開催を希望   

CMCリサーチセミナー

       開催日時:2019年8月6日(火)12:30~16:30 
       会  場:ちよだプラットフォームスクウェア 5F 501
            〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21  → 会場へのアクセス 
       受 講 料:50,000円(税込) ※ 資料付
             * メルマガ登録者は 45,000円(税込)
             * アカデミック価格は 25,000円(税込)
            パンフレット
 
 ★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
 ★ 【メルマガ会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降はメルマガ価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。
 

講 師

 北原 洋明 氏  テック・アンド・ビズ㈱ 代表取締役

【講師経歴】
 1978~1988年;日電アネルバ(現キヤノンアネルバ)にて主に半導体用スパッタ装置のプロセス開発に従事。顧客へのセールス活動、装置納入後のプロセス立ち上げ・プロセスサポートまでカバーする。
 1988~2000年;日本アイ・ビー・エムにて、TFT液晶パネルのプロセス開発および生産技術を担当。この間,第1世代から第3世代の液晶製造ラインの導入・立ち上げおよび次世代ラインの検討に携わる。
 2001~2002年;同社にて、高精細液晶ディスプレイのマーケティングに従事。
 2003~2006年;同社にて、液晶関連のソリューションビジネス、コンサルタント業務に携わる。
 2006年12月より、テック・アンド・ビズ㈱を立ち上げ、アジアをベースとしたFPDおよびグリーンデバイス関連の情報サービス活動、ビジネスマッチング等の活動を行っている。

セミナーの趣旨

 ディスプレー業界の今年の大きな動きは、折りたたみスマホの市場投入とMicro LEDディスプレーの立ち上がりである。これまでディスプレーの中心的存在であった液晶(LCD)からOLEDへ徐々に移行しつつあり、更に将来に向かってはマイクロLEDが台頭してくると予想されている。本講座では、ディスプレーの様々な技術の動向を俯瞰しながら、今後のディスプレーの重要な技術となるMini LEDとMicro LEDの技術やサプライチェーンを解説し、各企業の今後のビジネス戦略を立てて行く為の情報を提供する。Micro LEDと共に使われる量子ドット(QD)に付いても触れる。

セミナーで得られる知識

 長期的視野でのディスプレーの技術と産業の動向

プログラム

  ※ 適宜休憩が入ります。

1.イントロ:ディスプレー産業動向を俯瞰する
 1) CES、SID、ASIA各地のイベントに見るディスプレー最新動向
 2) LCD~OLEDへの進化とLEDディスプレーへの方向

2. Micro LEDの技術と産業
 1) LED Displayの構造と特徴
 2) Small pitch LEDから始まった実用化
 3) Mini~Micro LEDへの進化:様々な構造とその特徴
 4) QDとの組み合わせでさらなる高性能化
 5) Micro LED開発に携わる企業・研究機関の技術と特徴
 6) Micro LEDの課題と今後の方向
 7) SID、IDW国際会議などでの技術発表内容の詳細

3.まとめ、今後のディスプレー産業の方向
 1) 産業動向に大きな影響を与える中国の状況
 2) 部材~セットまでのサプライチェーンの行方
 3) LEDおよびQDのビジネスチャンス
 4) 2020年代のディスプレー技術と産業

4.Q&A、名刺交換
 
 

関連図書

        機械・装置

関連セミナー

        機械・エレクトロニクス・コンピュータ